今年1年を振り返って

最初に

これはconcrete5 Japan Advent Calendar 2015のリレーブログ20日目の記事です。

19日めのendoh.shigoさんの「さくらのクラウド「スタートアップスクリプト」でconcrete5の5.7を使えるようにするスクリプト作った。」からのバトンを引き継いでおります。

みんな様々の視点でconcrete5を捉えていて面白く、大変興味深く拝見しています。

さて、自分は自分なりの視点でconcrete5を語ってしまおうと思います。

自己紹介

現在、浜松にてフリーランスでconfeb(コンフェブ)という屋号にて、主にwordpressやEC-CUBEなどのオープンソースやフレームワークを利用したweb制作を生業にしています。サイト設計、コーディング、プログラミングがメインですが、ときどき、デザインもいたします。制作協力パートナーやクライアントと協力しあって良いサイトを作ろうと日々精進しています。

では、concrete5との一年について。

この一年を振り返って

去年の夏にconcrete5と出会って以来、実は、まだ数件しか、concrete5案件を制作していません。
全体から見ると、数%なのですが、それ以外に余りある貢献がありました。

特に5.7のバージョンですが、いろいろなある程度信頼性のある技術が、正しい形で入っているような気がします。
そのおかげで、様々な技術を復習や習得でき、それを実務にフィードバックできました。

その技術を以下に並べます。

  • bootstrap
  • less
  • Symphony2,Laravel,zendなどのフレームワーク
  •  underscore.js
  • PSR

などなど、まだありますし、私の見つけていない技術もあると思います。

WordPressほど独自的でないし、Drupalほど複雑でない構造の中に、プラグインでなく本体自体に、技術がわかりやすく最適な感じで入っていて、すばらしいです。

 

concrete5を通じて、いろいろな人とも出会うこともできました。

それも、私の糧になっています。

浜松市近辺の方はコン☆はま!という、Concrete5の集まりがあるで、興味がある方は是非!!

(私もこの集まりで、Concrete5を知りました。)

 

 

これからは、Concrete5の受注案件を増やせればと思っています。
そのために習得した技術をフィードバックして、先進的なブロック編集や優秀なユーザー管理などをベースに、より使いやすくカスタマイズしていこうと思っています。

 

明日はendoh.shingoさんです。

concrete5 Japan Advent Calendar 2015